『相続弁護士ナビ』に川村弁護士の監修記事が掲載されました。【テーマ:準確定申告が不要な場合とは|必要になるケースと申告に使う書類】

相続が得意な弁護士を検索して相談できるサイト『相続弁護士ナビ』に、当事務所の川村弁護士が監修した記事が掲載されました。

テーマは、【準確定申告が不要な場合とは|必要になるケースと申告に使う書類】です。

確定申告が必要な方が亡くなった場合、残された家族による準確定申告が必要となります。ただし、いくつかの条件に該当する場合にはその手続きが不要となります。

今回の記事では、準確定申告が不要な場合の条件と、高額の医療費を支払っていた場合など、準確定申告をすることにより還付を受けられるかもしれないケース等についてもご紹介しています。

詳しくは『相続弁護士ナビ』のサイトよりご覧ください。

▶『相続弁護士ナビ』川村弁護士の監修記事はこちら

 

まずは相談から始めてみませんか?まずは相談から始めてみませんか?

電話番号:043-244-7115

ご質問・ご予約はこちら

top_bnr01_sp.png

ご質問・ご予約はこちら

千葉の弁護士による企業法律相談

千葉の弁護士による企業法律相談